短肌着の様々な着せ方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

肌着まずは上は短肌着、下はおむつという着せ方です。大人がTシャツと短パンで過ごすのと同じです。クーラーを使用する時は、お腹がはだけないように注意が必要です。

次に短肌着とコンビ肌着を組み合わせる着せ方。コンビ肌着は赤ちゃんの足までの丈の肌着で、足の部分をスナップボタンで留め、ズボンのようにできる肌着のことです。寒い日には、内側に短肌着を着せ、その上にコンビ肌着を重ね、さらにその上にオーバーオールを重ねると、赤ちゃんは暖かく快適です。

短肌着とツーウェイオールと重ねる着せ方もあります。ツーウェイオールは肌着ではなくお洋服。短肌着やコンビ肌着の上に着せます。肌着は赤ちゃんの汗を吸い取り体温調節を助けるのが役割ですが、ツーウェイオールは保温を行います。お腹から足まで包み込みますので、夏はクーラーなどによる冷えを防ぎ、冬は暖かいです。スナップボタンの留め方によって、スカートスタイル、ズボンスタイルの二通りの使い方ができるので、ツーウェイ(2way)と呼ばれます。

短肌着の役割についてご理解いただけましたか?短肌着を有効に活用することで、かわいい赤ちゃんが、健やかに快適に過ごせるようにしてあげてください。

短肌着のタイプ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

肌着

短肌着のそれぞれの素材の特徴をよく理解し、赤ちゃんが過ごす場所の気温や環境に適した素材の短肌着を選んであげましょう。

ガーゼ素材は薄くて通気性に優れており、洗った後もすぐに乾くのが長所です。伸び縮みに優れているので、着替えの時に便利です。素材の厚みで比較をすると、やや薄い天竺タイプ、中間の厚みのフライス、厚めのスムースの3種類があります。最も厚いタイプのパイル素材は、厚いですがふわふわとした感触で快適です。春や夏の気温の高い時期に生まれた赤ちゃんにはガーゼ素材や天竺素材の短肌着を着せてあげましょう。秋や冬の寒い時期に生まれた赤ちゃんには、スムース素材やパイル素材を選んであげましょう。フライスはオールシーズンOKの素材ですので便利です。

前の留め方にも様々なタイプがあります。短肌着で多いのが紐で結ぶタイプです。この時期は、ぐんぐん体が大きくなる時期でもあります。紐タイプならば、急激な赤ちゃんのサイズの変化にも対応することができます。最近人気が出てきているのが、柔らかい面ファスナーを採用した合わせるだけでピタッと留めることのできるワンタッチタイプです。紐タイプのようにほどける心配がありません。

「参考リンク」Chuckle BABY|新生児&ベビー服短肌着通販

短肌着の特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

赤ちゃん短肌着は、一番短いタイプの肌着です。赤ちゃんの腰くらいまでの長さでおむつが見えます。半袖で、内側に1本、外側に1,2本のひもがついており、体の前でひもで留めます。一番内側に着せる肌着ですので、通気性が高く、吸水性も高い綿100%素材が基本ですが、オールシーズン対応素材のフライス、天竺、スムースや、春夏向け素材のサッカー、ガーゼ、秋冬向け素材のパイル、エアーニットなどもあります。寒い時期には、上に長肌着を重ね着させてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんに着せる時期は、新生児の間です。生まれたばかりの赤ちゃんにとって、寝かせたままで着替えさせやすい短肌着は最適の肌着なのです。首が不安定な時期はかぶるタイプの肌着は着替えが難しいので、生後3か月頃の首が据わる時期までは短肌着が便利です。

首が安定し、赤ちゃんが活発に動くようになり、かぶるタイプの肌着の方が着替えに便利になったら、短肌着は卒業です。そのため、サイズは50㎝から始まり、生後3か月のサイズである60㎝までが豊富な種類が用意されています。カラーも、無地タイプから、カラフルなタイプまで様々あり、もちろん可愛いパターンのついているものもあります。

新生児肌着は大切

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

赤ちゃん赤ちゃんがもうすぐ生まれる。出産前に、赤ちゃんのためにいろいろと準備しておきたいものです。生まれたばかりの赤ちゃんが、まず身に付けるのが新生児肌着。赤ちゃんの皮膚は薄いので、肌着を着せることで太陽光線や、暑さや寒さなどから守ってあげなければなりません

新生児肌着にはどのような種類があるのでしょうか。大きく分けて短肌着、コンビ肌着、長肌着の3種類があります。短肌着は長さが短いものをいいます。長肌着は足まで続く肌着。コンビ肌着は長さは長肌着と同じくらいなのですが、股がボタンで留めることができるタイプ。この3種類の中でも、月齢や気候を問わず赤ちゃんに着せることができ、基本となる重要な新生児肌着が短肌着です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、たくさんの枚数の短肌着が必要です。赤ちゃんは体温の調節が上手にできないので、肌着の枚数を調整することで体温の調節を手伝ってあげることが大事なのです。また、赤ちゃんはたくさん汗をかくので、頻繁に肌着を着替えさせてあげないと湿疹が出たりするのです。ミルクや母乳がついてしまうこともありますので、短肌着は少なくとも5~7着は準備しておいたほうがいいでしょう。赤ちゃんの肌に最も長い時間触れることになる短肌着は、安全な素材で着心地が良くしっかりした縫製のものを選んであげたいものです。

このサイトでは、赤ちゃんにとって大切な短肌着の特徴選ぶポイントを紹介したいと思います。