短肌着の特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

赤ちゃん短肌着は、一番短いタイプの肌着です。赤ちゃんの腰くらいまでの長さでおむつが見えます。半袖で、内側に1本、外側に1,2本のひもがついており、体の前でひもで留めます。一番内側に着せる肌着ですので、通気性が高く、吸水性も高い綿100%素材が基本ですが、オールシーズン対応素材のフライス、天竺、スムースや、春夏向け素材のサッカー、ガーゼ、秋冬向け素材のパイル、エアーニットなどもあります。寒い時期には、上に長肌着を重ね着させてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんに着せる時期は、新生児の間です。生まれたばかりの赤ちゃんにとって、寝かせたままで着替えさせやすい短肌着は最適の肌着なのです。首が不安定な時期はかぶるタイプの肌着は着替えが難しいので、生後3か月頃の首が据わる時期までは短肌着が便利です。

首が安定し、赤ちゃんが活発に動くようになり、かぶるタイプの肌着の方が着替えに便利になったら、短肌着は卒業です。そのため、サイズは50㎝から始まり、生後3か月のサイズである60㎝までが豊富な種類が用意されています。カラーも、無地タイプから、カラフルなタイプまで様々あり、もちろん可愛いパターンのついているものもあります。