新生児肌着は大切

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

赤ちゃん赤ちゃんがもうすぐ生まれる。出産前に、赤ちゃんのためにいろいろと準備しておきたいものです。生まれたばかりの赤ちゃんが、まず身に付けるのが新生児肌着。赤ちゃんの皮膚は薄いので、肌着を着せることで太陽光線や、暑さや寒さなどから守ってあげなければなりません

新生児肌着にはどのような種類があるのでしょうか。大きく分けて短肌着、コンビ肌着、長肌着の3種類があります。短肌着は長さが短いものをいいます。長肌着は足まで続く肌着。コンビ肌着は長さは長肌着と同じくらいなのですが、股がボタンで留めることができるタイプ。この3種類の中でも、月齢や気候を問わず赤ちゃんに着せることができ、基本となる重要な新生児肌着が短肌着です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、たくさんの枚数の短肌着が必要です。赤ちゃんは体温の調節が上手にできないので、肌着の枚数を調整することで体温の調節を手伝ってあげることが大事なのです。また、赤ちゃんはたくさん汗をかくので、頻繁に肌着を着替えさせてあげないと湿疹が出たりするのです。ミルクや母乳がついてしまうこともありますので、短肌着は少なくとも5~7着は準備しておいたほうがいいでしょう。赤ちゃんの肌に最も長い時間触れることになる短肌着は、安全な素材で着心地が良くしっかりした縫製のものを選んであげたいものです。

このサイトでは、赤ちゃんにとって大切な短肌着の特徴選ぶポイントを紹介したいと思います。